楽しいこと!FUJIFILM X100T(カメラ)を買う その1

シェアする

つまらない生活している中で、個人的にとても楽しい時間。それは、好きなものを買うときに決まってます。(誠に勝手ですが)

しかも、ある程度高額製品となるとよけいにわくわくしますね。
楽しいことの見つけ方、カメラ買いました。

スポンサーリンク

コンパクトなカメラ買う

約10年前になります。

長男が生まれたことをきっかけに、ビデオカメラと一眼レフのカメラを買いました。

最初は長男の成長記録かねての子供の写真を山ほど撮り、現像代かからないなんてデジカメ最高!と、浮かれてた頃が懐かしく思い出します。楽しいことっていいですね。

その後、一眼レフで沼にハマり、あーだコーダといろいろいじくりまくってた頃は本当に楽しかった。財布も厳しかったのも当時は関係なかったのが羨ましい。

その話はまた別の機会として…しばらくすると重たい一眼レフが少し飽きてきて、サブ的に小さいカメラが無性に欲しくなりました。

しかし、少し沼にはまったものからすると、いわゆるコンデジでは欲求は満たされずコンパクトでAPS-Cは何かないかな?フルサイズはほしいけど多分予算的に無理。サブだからAPS-Cで充分だ。と妄想と妥協を繰り返し、わくわくしながらネットを眺めていました。

これを買おう!と決めてからの、探索工程がなんともいえない楽しい時間であります。
楽しいことしてるときって時間立つの早いですよね。

そんなこんな2日ほどネットを波乗り(死語)した中で目に止まったのがこちらです。

FUJIFILM X100T

X100T全景

X100T前から

その見た目にもう一目惚れ。しかも光学レンジファイダーがついている!説明見るまではデジカメでレンジファインダーって仕組みもよくわからないがそんなこと関係ない。
で一発ポチって決まり。

正直見た目だけで選びました。

中古買うならマップカメラしか知らないアホ人間ですので、その中で程度は中だったけれど、2番めに安いやつにきめました。

ポチから2日、宅配便で無事に配達され到着。開封の儀となりました。

箱に少し中古感はありましたが、カメラそのものは全然新品同等で大満足。底にほんのすこし傷があったけど、そんなの関係ない。

まず手に持ったときの重量感。ずっしりしっかりとした感触がたまりません。
あれ?一眼レフが重いからコンデジさがしてたんじゃなかったっけ?

ネットで調査している段階でわかっていましたが、この風貌にひかれてから、そんなの関係ない。それよりマグネシウム筐体の剛性感はたまりません。

コンパクトではありますが、指で挟んでシャッターを切るようなコンデジとは違い、しっかり手のひらでホールドできる大きさもまたたまりません。

詳しい機能なんかは別途報告しますが、このカメラ、絞りとシャッタースピードが個々に決められるマニュアル操作も可能となっています。

いじくり回す要素たっぷりの大人のおもちゃ的な代物なんですな。

X100T上から

X100T上から

上部にシャッタースピードとEV調整のダイヤルがあります。ダイヤルはここちよいカチャカチャ。シャッターはしっかり押し込みが必要なタイプです。

シャッターボタンやサムグリップいじってますがそのへんは次回で紹介です。

FUJIFILM デジタルカメラ X100T シルバー FX-X100T S

まとめ

今回は購入に至るまでの経緯と初見までとなります。続きは次回となりますのでお楽しみに。

前回はFUJIFILM製カメラX100Tの購入の話でした。 今回は、いじる編となります。 ノーマル状態でも全然いいのですが、そこから...

しかし、いくつになっても新しいアイテムをゲットするのは楽しいですね。たまには嫌なことを忘れて、わくわくしてもいいですよね。

また楽しいこと見つけましょう!